浜松市の入浴施設でレジオネラ属菌検出-静岡県

2014/07/26付の東京読売新聞によると、浜松市は25日、市の入浴施設「やすらぎの湯」 の洗い場にある蛇口から採水した検体からレジオネラ属菌が検出されたと発表した。 市は当面の間、利用を停止するという。 16日に実施した定期検査で、レジオネラ属菌の集合体が基準値を超える100ミリ・リットル あたり10個検出された。16〜25日に利用したのべ209人から健康被害の報告はないが、 浴場の利用を停止。殺菌や洗浄を行い、再検査でレジオネラ属菌が検出されなかったら 利用を再開するという。

記事掲載誌 東京読売新聞 掲載日 2014年7月26日 記事番号 1137