レジオネラ菌検出報告せず岩木山総合公園、弘前市に-青森県

2014/05/30付の東京読売新聞によると、弘前市は29日、岩木山総合公園を管理・運営する 岩木振興公社が、宿泊客などが使う管理棟の浴室からレジオネラ菌が検出されたことを26日 まで市や保健所に報告していなかったと発表したという。 市によると、公社は今月15日に管理棟の男子浴室の水からレジオネラ菌が検出されたことが わかったため、同日以降男女浴室の使用を禁止し、宿泊客にも事情を説明していたが、市や 保健所への報告は26日だった。宿泊を予約した方には事情を説明したが、認識不足だったと 説明しているという。 公社は貯湯槽や配管の清掃消毒、タイルの張替え、再発防止のための管理マニュアル作成 などを行うという。

記事掲載誌 東京読売新聞 掲載日 2014年5月30日 記事番号 1129