新得町営浴場の気泡浴槽レジオネラ菌を検出-北海道

2013/12/19付の北海道新聞(帯広・十勝)によると、新得町営浴場の男湯、女湯、サウナ室の各気泡 浴槽を循環する湯から国基準値の19倍のレジオネラ菌が検出され、16日夕から気泡浴槽の湯を抜い て利用を中止したという。 同浴場は約60キロ離れたトムラウシ温泉から2日に1回、源泉を運び、2系統の配管で循環ろ過して 浴槽に入れている。町は配管等の清掃、消毒、再検査を行って気泡浴槽の利用再開を目指すという。

記事掲載誌 北海道新聞(帯広・十勝) 掲載日 2013年12月19日 記事番号 1117