レジオネラ菌検出、温泉施設営業停止-長野県

2013/11/16付の東京読売新聞によると、長野市豊野町石の日帰り温泉施設「りんごの湯」で、 源泉タンクや浴槽など計5か所から、国の基準を上回るレジオネラ菌が検出され、市などは15日、 安全の確認ができるまで営業を停止したと発表したという。 施設はすべて掛け流しで、タンクや浴槽などの清掃時に塩素消毒をしているという。同菌による 営業休止は2008年に続き2度目とのこと。

記事掲載誌 東京読売新聞 掲載日 2013年11月16日 記事番号 1112