レジオネラ検出プール4日放置-埼玉県

2013/08/16付の東京読売新聞によると、熊谷市津田の市健康スポーツセンターのプールで 基準値の4倍のレジオネラ菌が検出されたが4日間市民に利用させていたことが15日、市の 発表で分かったという。レジオネラ菌が検出されたのは、4施設あるプールのうち、クアプール。 同センターは、三つの業者の共同事業体が指定管理者となっており、8日に水質の検査結果が 設備管理担当の業者にファクスで入り、運営担当業者へ転送したが放置されていたという。 運営担当業者が12日、このファクスに気づいてプールの利用を中止し、洗浄して菌が検出され ないことを確認、14日よりプールの利用を再開したという。

記事掲載誌 東京読売新聞 掲載日 2013年8月16日 記事番号 1100