レジオネラ菌、基準値の倍検出昭和町営温泉施設―山梨県

2013/04/04付の朝日新聞によると、昭和町営温泉施設「生き生きの湯」で基準値の2倍の レジオネラ菌が検出され、2日から温泉施設の営業を中止したという。浴槽や配管を清掃し、 安全を確認できてから再開するという。 町福祉課によると、同施設でレジオネラ菌が検出されたのは06、07、12年に続いて4回目 という。

記事掲載誌 朝日新聞 掲載日 2013年4月4日 記事番号 1088