障害児施設でレジオネラー新潟県

2013/02/27付の新潟日報によると、県は26日、佐渡市の障害児施設「県新星学園」の 浴槽水からレジオネラ菌が検出されたと発表したという。利用者に健康被害は出ていない。 県障害福祉課によると、25日に定期検査で判明。給湯温度が低かったことが原因とみら れる。同学園は浴室を消毒し、再検査で菌が検出されなければ使用を再開するという。

記事掲載誌 新潟日報 掲載日 2013年2月27日 記事番号 1086