レジオネラ属菌基準の3.5倍検出、大分市温泉施設-大分県

2013/02/19付の西部読売新聞によると、大分市は18日、市の温泉施設「和みの湯」から 県条例で定める基準の3.5倍にあたるレジオネラ属菌が検出されたと発表したという。 1月31日の年1回の定期検査で、男性の内湯からレジオネラ属菌が検出された。市では、 タンクや配管の清掃を行い、再検査で基準を満たせば再開するという。

記事掲載誌 西部読売新聞 掲載日 2013年2月19日 記事番号 1084