行基の湯からレジオネラ菌基準値2倍、使用中止―香川県

2012/10/17付の四国新聞によると、高松市は16日、塩江温泉旅館飲食協同組合運営の「行基 の湯」の露天風呂から基準値を超えるレジオネラ菌を検出したと発表したという。 市観光交流課によると定期検査で露天風呂から基準値の2倍の菌が検出され、同組合が浴槽 の洗浄と消毒を行い、再検査の結果を待って使用再開の時期を決定するという。

記事掲載誌 四国新聞 掲載日 2012年10月17日 記事番号 1067