レジオネラ菌、松本の2温泉施設で検出―長野県

2012/07/27付の毎日新聞地方版によると、松本市の日帰り温泉施設「ふれあい山辺館 白糸の湯」と、農林家組合の「桧の湯」で25日、基準値超のレジオネラ菌が検出されたと いう。白糸の湯は一部浴槽の使用を中止し営業を継続、桧の湯は休館した。 医療機関でレジオネラ菌感染と診断された男性が18日に両施設を利用したことから、県 松本保健所が検査。保健所は男性の感染と2施設での検出に因果関係はないとみている という。

記事掲載誌 毎日新聞地方版 掲載日 2012年7月27日 記事番号 1058