レジオネラ菌基準値4倍、判明遅れるー神奈川県

2012/04/27付の毎日新聞地方版によると、横浜市は26日、市金沢地区センターの給湯施設から 国の基準値の4倍のレジオネラ菌が検出されていたと発表したという。昨年の夏に検出されていた が、検査機関が水と湯の基準を間違えて管理業者に報告したために発覚が遅れた。給湯施設は センター内の体育館のシャワーなどに使われているという。 市などによると、昨年8月の定期水質検査でレジオネラ菌が検出されたが、管理業者はセンターの 指定管理者のNPO法人に対し「望ましい範囲内」と報告しており、今月25日、NPOから区福祉保健 センターに提出された年度報告書で、基準超の検出が判明したという。

記事掲載誌 毎日新聞地方版 掲載日 2012年4月27日 記事番号 1047