平泉町の温泉施設レジオネラ菌検出-岩手県

2012/03/02付の岩手日報によると、平泉町は1日、町健康福祉交流館悠久の湯平泉温泉で、 基準値を超えるレジオネラ菌が検出されたと発表したという。 2月22日の定期検査にて女湯源泉水から基準値を超える菌が検出され、1日から営業を自粛 している。再開まで約1週間かかる見通しだという。

記事掲載誌 岩手日報 掲載日 2012年3月2日 記事番号 1039