浴槽水で感染、米子の温泉施設を営業停止-鳥取県

2012/01/22付の朝日新聞によると、米子市の「日帰り温泉オーシャン」の浴槽水と利用者1人から レジオネラ属菌が検出され、利用者がレジオネラ症に感染したことが明らかになったとして、県は 21日同施設を25日まで5日間、営業停止処分としたという。同施設は大協組(米子市)が営業。 今月3日、長湯をした70歳代男性が浴槽内でおぼれ、浴槽水を誤飲。男性の痰と浴槽水から菌が 検出され、感染が確認されたが、男性は快方に向かっているという。

記事掲載誌 朝日新聞 掲載日 2012年1月22日 記事番号 1034