大館の温泉施設、基準値190倍のレジオネラ検出‐秋田県

2011/11/12付の朝日新聞によると、大館市は11日、二位田市民集会所にある温泉施設ハチ公荘の 浴槽や取水口など3カ所から最高で基準値の190倍のレジオネラ属菌が検出されたと発表したという。 市によると、9月21日の定期検査で基準値の2〜3倍のレジオネラ属菌が検出されたが清掃や塩素注 入で営業を継続。10月27日に再検査した結果、女湯の取水口から基準値の190倍の菌が検出された ため、今月10日から臨時休業し、配管の洗浄などを実施する。同施設では3年前にもレジオネラ菌属 が検出されているという。

記事掲載誌 朝日新聞 掲載日 2011年11月12日 記事番号 1025