ホテル浴場からレジオネラ属菌-宮崎県

2011/07/06付の西部読売新聞によると、宮崎市は「ホテルグランティアあおしま太陽閣」の浴場から 基準値を超えるレジオネラ属菌が検出されたと発表したという。6月29日から浴場を閉鎖している。 ホテルが提出した年1回の定期報告に菌検出が記載されていたことから、市が6月24日に検査した ところ、八つの浴槽のうち七つから基準の最大52倍の菌が検出されたという。昨年12月の検査でも 検出されたが、再検査で検出されなかったため、ホテルはすぐには保健所に報告しなかったという。

記事掲載誌 西部読売新聞 掲載日 2011年7月6日 記事番号 1009