レジオネラ症男性死亡那覇市の老人施設、今年初-沖縄県

2011/07/01付の琉球新報によると、県福祉保健部健康増進課は30日、那覇市内の特別養護老人 ホームに入所していた80代男性がレジオネラ症による肺炎で死亡したと発表したという。同症での 死亡は今年初。他の入所者に患者は出ていない。 感染源は施設内と見られることから、県は感染経路となり得る浴室や空調設備の立入り調査を行い、 感染源を調査しているが、老人施設や病院では集団発生しやすいことから注意を呼び掛けている。

記事掲載誌 琉球新報 掲載日 2011年7月1日 記事番号 1008