海自基地の浴室でレジオネラ検出八戸、避難住民も使用-青森県

2011/03/29付の朝日新聞によると、海上自衛隊第2航空群司令部は28日、八戸市河原木の基地の 浴室から基準値を上回るレジオネラ菌が検出されたと発表したという。浴室は、大震災で同司令部の 体育館に避難している住民も使っているが、健康への被害は報告されていない。同司令部はいったん 入浴禁止にし、代わりにシャワーを使ってもらうことにしている。 県南環境保全センターから同日、浴室内に基準値の約7倍のレジオネラ菌が認められたとの通知を 受けた同司令部は今後の検査結果を見て、避難者に再び入浴してもらうかどうかを決めるとしている。 28日現在、同司令部の体育館には約110人の避難者が暮らしているという。

記事掲載誌 朝日新聞 掲載日 2011年3月29日 記事番号 999