レジオネラ菌検出、あえるの湯休業-北海道

2011/03/18付の北海道新聞によると、浦河町は17日、町の第三セクターが運営「あえるの湯」の 浴槽水から国の基準値を上回るレジオネラ菌が検出され、同日から施設を当面休業したことを 町議会で報告したという。健康被害の報告はないとのこと。 1日に実施した年1回の検査で、14カ所のうち4カ所で基準値を超え、最大では83倍を示したことが 17日昼に判明。 町によると、2月25日に採取した湯を長時間置いて検査したために、数値が高く なった可能性があるという。

記事掲載誌 北海道新聞 掲載日 2011年3月18日 記事番号 998