レジオネラ菌浴槽から検出、福祉施設使用中止に―北海道

2011/02/24付の毎日新聞地方版によると、札幌市は23日、市南老人福祉センターの女子浴室の浴槽 から基準値の約9倍に当たるレジオネラ菌が検出され、同日から使用を中止したと発表したという。 菌が検出されたのは5日に採取した、水をろ過して使う循環式浴槽の水だが、水は毎日換えており、同 じ使い方をしていた男性浴室は汚染されておらず、現時点で原因は不明だとしている。 市は、男子浴槽も使用を休止し、最近1カ月間に利用し、呼吸困難などの症状がある人は早急に医療 機関を受診してほしいと呼び掛けているという。

記事掲載誌 毎日新聞地方版 掲載日 2011年2月24日 記事番号 994