レジオネラ菌、湯本温泉「礼湯」から検出長門市所有源泉からも-山口県

2010/11/26付の毎日新聞地方版によると、長門市は25日、湯本温泉の市営公衆浴場「礼湯」の 男湯と、市所有の源泉「日置3号泉」から基準値の約7倍のレジオネラ菌がそれぞれ検出されたと 発表したという。 市によると、11月初旬年1回の定期水質検査を実施、24日に結果が判明。礼湯は62度に加温 した源泉をかけ流しているが、塩素は使っておらず、02年にもこの菌が検出された。礼湯と源泉を 使用する日置農村交流活性化センター(黄波戸温泉)は臨時休業し、礼湯の配管や浴槽を薬剤で 洗浄。源泉の配管には、滅菌用に塩素注入装置を設置するという。

記事掲載誌 毎日新聞地方版 掲載日 2010年11月26日 記事番号 988