レジオネラ菌、福津市の施設から検出75歳男性感染で調査-福岡県

2010/09/04付の毎日新聞地方版によると、福津市は3日、市福祉会館・潮湯の里夕陽館の男性用浴場 から基準値の3倍のレジオネラ菌が検出されたと発表したという。県保健環境研究所が先月24日検査 を実施し、男性浴場1カ所からレジオネラ菌を検出した。 感染が確認された75歳男性は快方に向かっているという。男性は先月2回利用したが、今回検出の遺 伝子との照合が不可能なため感染経路は不明。市は先月25日から浴場を休業、配水管の洗浄と殺菌 を実施した。湯の塩素消毒の方法を改め、濃度も基準値の2倍にするという。

記事掲載誌 毎日新聞地方版 掲載日 2010年9月4日 記事番号 977