レジオネラ菌嘉島町の温泉施設で検出、38歳男性に症状-熊本県

2010/07/17付の毎日新聞地方版によると、嘉島町上島の温泉施設「嘉島湯元・水春」は16日、 施設内の浴槽などから基準値を上回るレジオネラ菌が検出されたと発表したという。15日から 営業を自粛している。 県御船保健所によると、8日に熊本市の男性(38)が体調不良で医療機関を受診、レジオネラ症と 診断された。男性が先月27、29、30の3日間施設を利用していたため、県が水質簡易検査をし、 浴槽などからレジオネラ菌が検出されたという。

記事掲載誌 毎日新聞地方版 掲載日 2010年7月17日 記事番号 965