レジオネラ菌で再び閉鎖、さいたま市所有の群馬・温泉施設―埼玉県

2010/06/08 付の東京読売新聞によると、さいたま市は7日、同市所有の群馬県みなかみ町に ある保養施設「新治ファミリーランド」の男子浴場から基準値を超えるレジオネラ菌を検出し、 温泉棟の使用を全面禁止したと発表したという。 菌の検出は4月に続き2回目で、4月26日に営業を再開したばかりだった。施設の管理業者が 殺菌手順を守っていなかったことが原因とし、市は菌検出が繰り返されたことを重く見て、 業者に対して厳重注意したとのこと。

記事掲載誌 東京読売新聞 掲載日 2010年6月8日 記事番号 957