循環系配管清掃36年間実施せず-埼玉県

2010/04/17付の東京読売新聞によると、さいたま市が運営する新潟県内の宿泊施設の浴場から 基準値を超えるレジオネラ菌が検出された問題で、市は16日、新潟県が年に1回義務付けている 循環系配管の清掃を怠ったことなどが原因とする調査結果を発表したという。36年前の開業以来、 一度も配管の清掃をしていなかったという。 新潟県は、2003年に県施行細則を改定し、宿泊施設などに年1回、配管清掃を行うよう義務付けて いたが施設側は認識しておらず、塩素濃度の調節だけで水質を維持していた。配管の清掃・消毒など を実施した結果、安全性が確認されたとして17日から温泉浴場の利用を再開するという。

記事掲載誌 東京読売新聞 掲載日 2010年4月17日 記事番号 952