岸和田市営温泉、川の水混入レジオネラ検出報告せず-大阪府

2010/03/03付の毎日新聞大阪によると、温泉に川の水や塩を混ぜていた大阪府 岸和田市の天然温泉施設「牛滝温泉いよやかの郷」が、浴槽でレジオネラ菌を 検出したにもかかわらず約3カ月間、府に報告していなかったとのこと。 府によると、昨年12月ジャグジー風呂から基準値の2倍の量が検出されていたが 報告せず今月1日の立ち入り検査で判明したという。川の水を使用していた時期 に検出されているが、因果関係は判明しておらず、岸和田市は関係機関と協議し ながら早急に対応したいとのコメントを出しているとのこと。

記事掲載誌 毎日新聞大阪 掲載日 2010年3月3日 記事番号 949