長野の温泉患者と施設の菌異なるー長野県

2010/01/30付の東京読売新聞によると、長野市保健所は29日、長野市の市有温泉施設を利用後に レジオネラ肺炎にかかった患者の菌は、DNA検査の結果、施設で検出された菌とは異なるものだった と発表したという。

記事掲載誌 東京読売新聞 掲載日 2010年1月30日 記事番号 943