基準値の2倍のレジオネラ菌検出、四日市の入浴施設-三重県

2009/12/16付の中日新聞地方版によると、四日市市は15日、中央老人福祉センターの 入浴施設で基準値の2倍のレジオネラ菌が検出されたと発表したという。市は入浴施設 を閉鎖、安全を確認するまで営業を休止する。 レジオネラ菌は3日に男性用浴室で採取したお湯から検出され、施設の配管などを調べ 原因究明を急いでいる。同施設では一日百人ほどが利用しているがこれまでレジオネラ 菌が疑われる症例は確認されていないという。

記事掲載誌 中日新聞 掲載日 2009年12月16日 記事番号 939