レジオネラ菌基準値超える、南アルプス温泉施設で検出-山梨県

2009/11/28付の毎日新聞(地方版)によると、南アルプス市は27日、県中北保健所が 19日に水質検査を行ったところ、温泉施設「やまなみの湯」(同市西南湖)の浴槽から 基準値(100ml当たり10個未満)を超える10個のレジオネラ菌が検出されたことが26日 判明したと発表したという。健康被害はない。 同施設は市の委託で、NTTファシリティーズが指定管理者として運営しているが27日 から休業、配管や浴槽を消毒し、安全が確認できれば12月9日に営業を再開する予定 だという。

記事掲載誌 毎日新聞(地方版) 掲載日 2009年11月28日 記事番号 938