日奈久温泉:「ばんぺい湯」完成レジオネラ菌検出、営業開始は延期―熊本県

2009/07/19付の毎日新聞地方版によると、八代市が日奈久温泉開湯600年の目玉事業として 日奈久中町に建設を進めていた温泉センター「ばんぺい湯」が完成し、18日落成式が行われたが 事前検査でレジオネラ菌が検出され、営業開始が延期になったという。 市によると、16、17日の自主検査で施設内7カ所の注湯口と浴槽から菌が検出されたが、工事 期間中に一時的に湯がたまった配管の中で菌が増殖したのではないかと説明しているという。 18、19の両日、センターは無料開放される予定だった。 「ぱんぺい湯」は老朽化で解体した旧 温泉センター跡地に建設、総工費は4億6700万円。 一方、日奈久温泉街では18日、開湯600年に合わせたイベントが始まったという。

記事掲載誌 毎日新聞地方版 掲載日 2009年7月19日 記事番号 924