レジオネラ菌、県南の宿泊施設で基準最大100倍検出も報告遅れに指導-岩手県

2009/04/18付の毎日新聞地方版によると、岩手県は17日、県南広域振興局管内の民間宿泊施設の風呂で、基準値の1〜100倍のレジオネラ菌が検出されたと発表したという。健康被害の報告はない。施設は3月30日に基準値超過を把握したが、県に報告したのは4月16日だった。 自主検査で、基準値を上回るレジオネラ菌が男性用屋内風呂(1000単位)、女性用屋内風呂2カ所(70〜80単位)、男性用露天風呂(10単位)で検出され、施設は自主休業し、清掃・消毒を実施。4月4日の再検査結果が基準値内だったため営業を再開。清掃消毒を優先しため報告が遅れたと説明しているという。

記事掲載誌 毎日新聞(地方版) 掲載日 2009年4月18日 記事番号 915