男子浴槽からレジオネラ菌、仙台・スポパーク松森-宮城県

2008/12/26付の河北新報によると、仙台市環境局は25日、泉区松森のスポパーク松森の男子浴槽から国の基準を超えるレジオネラ菌が検出されたと発表したという。健康被害は出ていない。10日に自主検査を行い、24日に基準(10個未満)を上回る120個のレジオネラ菌が確認されたという。 施設を管理する松森PFIでは、男女浴槽の使用を禁止し、浴槽と配管の清掃と消毒を実施。安全が確認され次第、浴槽の使用を再開するとしている。

記事掲載誌 河北新報 掲載日 2008年12月28日 記事番号 904