佐渡の入浴施設でレジオネラ菌検出-新潟県

2009/01/24付の新潟日報によると、佐渡市は23日、同市住吉の温泉入浴施設「両津健康保養センター湯元」で基準値を超えるレジオネラ菌が検出されたと発表したという。同施設は浴槽や配管の清掃、消毒作業を行い、安全が確認されるまで営業を中止する。 14日の定期検査で浴槽水から100ml当たり180個(基準値は10個以下)のレジオネラ菌が検出されたが、これまでに発症は確認されていないという。

記事掲載誌 新潟日報 掲載日 2009年1月24日 記事番号 903