基準超、レジオネラ菌月ケ瀬温泉施設付近で-奈良県

2009/01/22付の朝日新聞によると、奈良市は21日、市月ケ瀬福祉センターの入浴施設などが温泉水を引いている井戸の近くで基準を超えるレジオネラ菌が検出されたと発表したという。健康被害は報告されていない。原因が判明するまで福祉センターが温泉水の使用を中止したほか、「梅の郷月ケ瀬温泉」は自主休業、「特別養護老人ホーム香梅苑」は水道水で代替するとのこと。 昨年12月の定期検査で3施設共用の貯水タンク入り口付近から基準値をわずかに超えるレジオネラ菌が検出され、今月の再検査で源泉井戸のそば、貯水タンクの入り口、浴槽に水を送るポンプの3カ所で基準の2〜5倍のレジオネラ菌が検出されたという。

記事掲載誌 朝日新聞 掲載日 2009年1月22日 記事番号 902