「文殊の湯」でレジオネラ属菌を検出-長野県

2008/11/29付の朝日新聞によると、上田市丸子地域自治センターは28日、同市鹿教湯温泉にある市の日帰り入浴施設「文殊の湯」で、基準値を超えるレジオネラ属菌が検出されたと発表したという。同日午後から休館にし、清掃や消毒をして安全を確認のうえ、再開する予定。 上田保健所によると、20日にレジオネラ属菌による症状のある患者が確認されたため、21日に同保健所が採水して水質を検査。28日に結果が判明し、男性の内湯で基準値の約80倍にあたる菌が検出された。症状があった患者は既に回復したという。

記事掲載誌 朝日新聞 掲載日 2008年11月29日 記事番号 897