基準超えるレジオネラ菌を検出花巻の市福祉施設-岩手県

2008/11/11付の岩手日報によると、花巻市は11日、市老人福祉センターの浴槽から基準値を超えるレジオネラ属菌が検出されたと発表したという。定期検査の結果、男子浴槽から基準値を超える100ml中20CFUの菌が検出されたことが今月7日に判明。レジオネラ症患者発生の報告はない。 同センターを指定管理する市シルバー人材センターは判明を受け、8日から浴室の使用を自粛する一方、花巻保健所や市には週明けの10日に報告している。連絡の遅れについては今後、市に文書で事情を説明する方針という。

記事掲載誌 岩手日報 掲載日 2008年11月11日 記事番号 896