レジオネラ属菌、基準値の4倍、笛吹の温泉施設で検出―山梨県

2008/08/02付の東京読売新聞によると笛吹市は1日、市の委託を受け富士急ビジネスサポートが指定管理者として運営する温泉施設「市みさかふれあい交流センターみさかの湯」の浴槽から、基準値の4倍のレジオネラ属菌が検出されたと発表したという。 健康被害の報告はないが、2日から安全が確認されるまで臨時休業する。峡東保健所が7月24日に行った水質検査から判明したとのこと。

記事掲載誌 東京読売新聞 掲載日 2008年8月2日 記事番号 876