静岡市営温泉からレジオネラ菌検出、施設を臨時休業-静岡県

2008/06/12付の東京読売新聞によると、静岡市は11日、同市営温泉浴場「白樺荘」の浴槽から基準値を超えるレジオネラ菌が検出されたと発表したという。健康被害の報告はない。 市観光課によると、5月21日に行った定期水質検査で男性用風呂の浴槽内から100ミリ・リットル中に30個のレジオネラ菌が検出され、同施設を12日から臨時休業とし、衛生対策を講じたうえで2週間程度で再開したいとしているという。

記事掲載誌 東京読売新聞 掲載日 2008年6月12日 記事番号 871