三田洞神仏温泉:岐阜市が臨時休館、レジオネラ菌の感染と関連を調査-岐阜県

2008/06/28付の毎日新聞地方版によると、レジオネラ菌に感染した疑いがあると診断された女性が、岐阜市三田洞にある市の休養施設「三田洞神仏温泉」をたびたび利用していたことが分かり、岐阜市は27日午後1時、同温泉を臨時休館にしたという。感染と施設との関連を調べるため検査をしており、結果が判明するまでは休館する。 市によると、市内在住の70代女性が高熱を出し、レジオネラ感染症の疑いがあると診断されたが、この女性は同温泉を週1、2回利用していたため、市保健所が26日、立ち入り検査を実施したという。検査結果は1週間後に出る予定。

記事掲載誌 毎日新聞地方版 掲載日 2008年6月28日 記事番号 867