レジオネラ菌県基準の45倍、宮崎の温泉施設で-宮崎県

2008/03/25付の毎日新聞によると、宮崎市は24日、同市所有の温泉施設「高岡温泉やすらぎの郷」の五つの浴槽で、最高で県基準の45倍のレジオネラ菌が検出されたと発表したという。健康被害は報告されていないが施設は安全が確認されるまで自主休業する。 市によると、17日に定期検査したところ24日になって県基準の17〜45倍のレジオネラ菌が検出されたことが分かった。施設は温泉水を循環させて菌をろ過するシステムで、県基準に従った洗浄もしていたという。 17〜24日までは約2700人が利用したが、これまでのところ健康被害の報告はないという。

記事掲載誌 毎日新聞 掲載日 2008年3月25日 記事番号 860