山鹿市の入浴施設「ゆーかむ」でレジオネラ菌検出-熊本県

2008/02/10の朝日新聞によると、山鹿市は9日、同市鹿北町にある市直営の入浴施設「幸の国健康温泉館ゆーかむ」で、国の基準値の1・6〜2・4倍のレジオネラ菌が検出されたと発表したという。今のところ健康被害の報告はない。 市によると、27度の水をわかす循環濾過(ろか)式。岩風呂と檜(ひのき)風呂があり、夏と冬の年2l回定期検査をしており、今回は1月28日に採水し県内の検査機関で調査したところ、岩風呂から2・4倍、檜風呂から1・6倍のレジオネラ菌が検出されたという。

記事掲載誌 朝日新聞 掲載日 2008年2月10日 記事番号 851