芦北町運営温泉、レジオネラ菌検出把握後も8日間営業-熊本県

2007/12/23の毎日新聞地方版によると、芦北町が運営する町内3カ所の温泉施設で、国の基準の最大500倍のレジオネラ菌が検出されたにもかかわらず、8日間営業を続けていたことが分かったという。竹崎一成町長は「危機管理意識に欠けていた。申し訳ない」と話している。 3施設、湯浦温泉センター、湯浦温泉観光センター、計石温泉センターで11月に実施した定期検査で国の基準の1・2〜500倍の菌が確認され、検査業者は同22日に町の担当者に電話で連絡したが、担当者が書類の提出を要請したため書類が届いた翌日の29日まで営業を続けたという。健康被害の報告はない。3施設ともタンクや浴槽を清掃して今月15日までに再開したという。

記事掲載誌 毎日新聞地方版 掲載日 2007年12月23日 記事番号 842