県内の浴場でレジオネラ菌基準値超す-岩手県

2007/11/29の東京読売新聞によると、岩手県環境保全課は28日、県央部の公衆浴場で浴槽4か所から基準値を超えるレジオネラ属菌が検出されたと発表した。これまでのところこの浴場が原因とみられるレジオネラ症患者が発生したとの報告はないとのこと。 同課によると、今月13日に採水したところ、女子用の露天風呂など4か所から基準値の2〜50倍の菌を検出、この浴場は再検査で安全確認するまで浴槽の使用を自粛するという。

記事掲載誌 東京読売新聞 掲載日 2007年11月29日 記事番号 839