レジオネラ属菌中区の中央老人福祉センター、浴槽水から基準超す検出ー広島県

2007/11/23の毎日新聞地方版によると、広島市は22日、中区西白島町の「中央老人福祉センター」の浴槽水から基準値の3倍以上のレジオネラ属菌が検出されたと発表した。浴室の使用を停止し、清掃、消毒を行った後、再検査を行うという。 年1回の定期検査でわかったが現在のところ利用者の健康に影響はないという。同施設は市が高齢者の健康増進などの目的で建設し、指定管理者が運営している。

記事掲載誌 毎日新聞地方版 掲載日 2007年11月23日 記事番号 838