レジオネラ菌老人福祉施設浴槽から検出、さいたま2カ所ー埼玉県

2007/11/14の毎日新聞地方版によると、さいたま市は13日、市の2カ所の老人福祉施設の浴槽から県の基準を超すレジオネラ菌を検出したと発表した。利用者から健康被害の報告はないが、同日から浴場を閉鎖したという。 同市によると、岩槻区の「槻寿苑」の男湯で10コロニー、見沼区の「東楽園」の女湯で20コロニー検出された。いずれも循環型で水は毎日入れ替えているという。

記事掲載誌 毎日新聞地方版 掲載日 2007年11月14日 記事番号 836