レジオネラ菌検出で男女の浴槽使用休止、湯川の福祉センター-北海道

2007/10/17 北海道新聞によると、湯川老人福祉センター(函館市湯川町一)は自主検査で基準値を超えるレジオネラ菌を検出したため、男女の浴槽の使用を12日から休止しているという。 市福祉部によると9月下旬に実施した検査で菌を検出。16、17の両日に塩素消毒を行ったあと再検査し、安全が確認されるまで当面の間休止するという。

記事掲載誌 北海道新聞 掲載日 2007年10月17日 記事番号 828