レジオネラ菌、県基準の39倍を検出-青島のホテル-宮崎県

2007/09/12の毎日新聞地方版によると「青島パームビーチホテル」(宮崎市青島)は11日、温泉施設の浴槽から基準を超えるレジオネラ菌を検出したと発表したという。健康被害の報告はないが同ホテルは施設を塩素消毒し滅菌されたことが確認できるまで温泉施設の営業を休止するとのこと。 同ホテルによると検出されたのは女性用の打たせ風呂浴槽。3日に自主検査のため湯を採取。その結果10日になって県基準の39倍のレジオネラ菌が検出されたことが分かったという。温泉施設にはこの間約3200人の利用があった。

記事掲載誌 毎日新聞地方版 掲載日 2007年9月12日 記事番号 822