レジオネラ菌:五ケ瀬の温泉で検出、営業を自粛-宮崎県

2006/12/14の毎日新聞地方版によると、五ケ瀬町の第三セクター「五ケ瀬ハイランド」が経営する「ごかせ温泉森の宿『木地屋』」は13日、温泉水の定期検査で男女湯とも県の水質基準以上のレジオネラ属菌が検出されたと発表した。現在、温泉営業を自粛しているという。 同温泉によると、11月28日に採取した温泉水から男湯で県基準の2倍の同菌が検出された。11日に高千穂保健所に報告。洗浄、消毒を行い、12日に再検査を実施した。結果が出るまで約10日かかる。11、12月に同温泉に入り、体調の悪くなった人は同温泉(0982・82・1115)へのこと。

記事掲載誌 毎日新聞 掲載日 2006年12月14日 記事番号 794