レジオネラ属菌宮崎市保養施設で検出連絡体制に不備-宮崎県

2006/04/09の毎日新聞地方版によると、宮崎市佐土原総合支所は7日、同市佐土原町の市営保養施設「石崎浜荘」浴室で、最大で基準値の5倍のレジオネラ属菌を検出したと発表したという。支所によると、施設が検出を知ってから市保健所に伝わるまで半日以上かかった。3月30日に自主検査した施設は6日午後6時半に基準値を上回る菌の検出を知ったが、支所への連絡は7日午前11時半だった。また、原因究明のため本来は現場保存が必要なのに、6日午後10時半〜7日午前4時、浴室の清掃や塩素消毒を行ったという。

記事掲載誌 毎日新聞地方版 掲載日 2006年4月9日 記事番号 757