悠久の湯:営業を再開–平泉町/岩手

2005/07/29の毎日新聞 地方版によると、岩手県平泉町は28日、基準値を超えるレジオネラ属菌が検出された健康交流福祉施設「悠久の湯平泉温泉」は館内を消毒、清掃し再検査した結果、菌が検出されなかったため、営業を再開したという。 町は再発防止に向け、浴槽や循環ろ過装置の清掃・消毒を月2回から毎週に増やした。また利用者に迷惑をかけたことから、8月末まで大人(中学生以上)の入浴割引券を配布するという。割引券を使えば通常500円の入浴料が300円になる。

記事掲載誌 毎日新聞地方版 掲載日 2005年7月29日 記事番号 708