横浜市施設浴室からレジオネラ属菌「発症者なし」/神奈川県

2005/07/27の朝日新聞 朝刊によると、神奈川県横浜市は26日、市障害者研修保養センター横浜あゆみ荘(同市都筑区)の女子浴室の浴槽水から、レジオネラ属菌を検出したと発表したという。いまのところ、最近の利用者の中で発熱や筋肉痛、下痢など同菌が原因と見られる症状が出ている人はいないという。 あゆみ荘は、市が市社会福祉協議会に管理運営を委託している、障害者や関連施設の職員らの宿泊施設で、年2回、同菌の検査をしており、今月11日に採水した女子の浴槽水から25日に菌が検出された。安全が確認されるまで女子浴室は使わないという。

記事掲載誌 朝日新聞朝刊 掲載日 2005年7月27日 記事番号 706